『オタク・ジャポニカ』

日本の「オタク」をヨーロッパに紹介した第一人者、 Etienne Barral のオタク論を日本語訳したもの。 ジャンプとかアイドルとかイジメとか、 日本人には近すぎて見えないようなことも 独自の観点から観察してくれてい […]

アラバール。

「わしもまた裸になり、お前に鞭打ってもらわねばならんのだ、 あばずれの牝犬めが。」     『建築家とアッシリアの皇帝』宮原庸太郎 訳、思潮社 1967年に初演されたフェルナンド・アラバールの 不条理劇です 劇の中でいく […]

未来のイヴ

「ところがこれは、《自然》の自惚れの鼻をへし折ってやるために、 科学の力で作り上げた、精妙な物質の合成物なのです」       『未来のイヴ』ヴィリエ・ド・リラダン 著、齋藤磯雄 譯 息を飲むほど美しい恋人に宿っていたの […]

Nothing, but I am afraid.

「なにもなかった、 しかし私は恐れていた」     モーパッサン『オルラ』 原題は”Le Horla”で もちろんフランス文学なのですが、 ややこしい講義をとっているので写真は英語訳のものです 主 […]