美術館めぐり@瀬戸内海

March 16th, 2008



直島につづき、鳴門の大塚国際美術館へ。
ここに飾られてる絵は全部複製なんだけど、
それでも美術史の教科書に必ずでてくる名画の数々が一同に会している様は壮観でした!

もちろん原寸大なうえに、触り放題、フラッシュ撮影し放題。
モナリザの本物なんて厳重すぎる警備のせいで
ルーブルではめっちゃちっちゃく見えてましたが、
間近で見るとちゃんと、ある程度の大きさはある。



そして世界一の吊り橋を通って神戸入り。
上野でみのがしてたムンク展見にいきましたよ

奴には悲劇とか苦悩しか似合わねーな、と思いました
あのタッチでのどかな公園とか描かれても、全然ピンと来ない‥

そんなこんなで、アート三昧な柳生でした


高松のユース、直島のアート

March 15th, 2008


びびった‥、高松のユースホステル。

座敷あるし!
掛け軸かかってるし!
部屋に風呂ついてるし!
浴衣付きだし!
ベッドメイキング入るし!
駅近いし!

そのぶんほかのユースより高めだったけどね、
1000円だけ☆


で高松から、鬼ヶ島を横目にとおりすぎて
直島という、島ぜんたいがアートしちゃってるとこ行ってきました

古い家屋を改造してアート作品にしてたり
海岸に突然オブジェがあったり

なかでも地中美術館てのがあって、
係の人がみんな美人orイケメンでかなりよかった!

あと作品が建物から作りこまれてて、
その空間、その光じゃないと実現できないような作品に
妖怪アンテナびんびん立たされました。
それと係の人がみんなかわいいorかっこいいのがかなりよかった!