WEB ROCKS vol.2にみる、Ustreamの可能性と限界

June 28th, 2011

Ustream上の夏フェス、WEB ROCKS vol.2観ましたよ。
テレビを見るのとも違う、ライブに行くのとも違う体験。
なんだこれは?

観客はPCとか携帯に向かって
演者はカメラとマイクに向かって
それぞれが、1つの時間、1つのステージを作り上げてる。
観客と演者が一体になる感じ。
それはライブだ。

お互い向かってるのが機械でも、
熱気が感じられる。
感情の揺れが感じられる。
温もりのようなものがある。
電気信号を介していても、
その先には人がいるから。


でも、本当に?


「みんなそこにいるの?
 わからないから、寂しい」
viridianのボーカルが言ってた。

演者から見た観客が、どのように映っているのかは想像するしかないけど、
少なくとも観客から見た演者ほど鮮明に見えたり、聞こえたりはしていないはず。

アイコンと文字の羅列。
あとは「視聴者数」の数字。


そんなんで伝わるかーーーーっ!!

文字に感情をのせる。
それが人間にできたら、文学はきっと存在しない。


「ライブに来て」
全バンド(!)が訴えていた。

「Ustには最大7秒のタイムラグがある。
 俺はそのズレを埋めたい」
THEラブ人間のボーカルが言ってた。


地球半周の距離は20,000km、音速は時速1,200km、
音が地球の裏側まで届くのには16時間かかる。
地球の裏側のライブをたった7秒で
聞けるようにできたのは、文明の力。

でも、もっと技術が進んで、
もっとタイムラグを縮められても、
生(なま)に勝るものは、ない。
そう、コンドームと同じように。(←突然の下ネタ)


Ustとコンドームの発達によって我々は、
より相手へと近づくことができるようになりました。

しかし、それは同時に、
生への憧れをより大きくするものでした。
少なくとも、僕にとっては。

だから行こうぜ、夏フェス!



WEB ROCKS vol.2出演者(出番順)

  1. 松室政哉
  2. pechica
  3. 空中ループ w/波多野敦子→バイオリン、ゆり(里帰り)→キーボードとコーラス
  4. nothingman
  5. viridian
  6. チーナ
  7. 里帰り
  8. PLINGMIN
  9. THEラブ人間

大人への階段

May 16th, 2011

最近細かい作業が多いので、
帰ったあとハーゲンダッツめっちゃ食べたくなる。

てか実際1個食べたんだが、
既にもう1個食べたい。
前は1個でも、けっこう多いよなと思ってたはずなのに

そうか、これがストレスか!

ゴルゴダナイト@enjoy!house

May 1st, 2011

恵比寿のバーで行われた、友達のイベントに遊びに行ってきましたよ。

連休ですので、もちろん朝まで。
イベント自体は22:00くらいで終わったんだけれど
友達しかいないような小っさい会だったので
ほぼ全員で2次会へ(むしろ2次会のほうが人が増えてたような‥)

アンパンマンの功罪から、
カント哲学の系譜、
男性→女性への性転換手術の概要など
実にいろいろな話をすることができて、楽しかった!
やっぱり人間って… 面白!!…

飲んだビールやつまみの味は覚えていないが、
新しい友達と少しずつ打ち解けていくときの醍醐味は存分に味わうことができました。


同じ東京に生きている人たちでさえこうなのだから、
別の国でやったらどれだけ楽しいだろう!!


でも、特にフランスにいたときに実感したのだが、
言葉と歴史がわからないと正しく人の話を理解することはできないです。

「行く」とか「おいしい」とか、単純な気持ちは気合いで伝えられるけれど
(そうやってコミュニケーションをとれた気になっている留学生もいっぱいいた)
やっぱり言葉がわかるようになるほど相手の魅力がよく分かるし、
涙が出るような感動を覚えることもできます。


日本語と英語以外の言語を学んでよかったと思うのは、
言語と文化が切れない関係だということがより深く理解できたことと、
英語ができりゃだいたいコミュニケーションできんだろ、と天狗にならずにすんだこと。
母国語で話すのが普通だし、母国語でしか話せない気持ちがあるということを認識できるようになったのは、フランス留学で得た財産のひとつです。

だけど実際問題として、一生のうちに世界中の言葉を覚えることはできない。
ならやっぱ、悔しいが、英語は押さえておかないといけないかと思うのです。

だから英語を勉強しよう。
友達と英語で話せるようになろう。
それを今年の重点課題としたいと思います。