いじめっこの憂鬱

珍しい名前ってのは実用的です
名前で人違いされないから。
柳生、てのも相当珍しいんですが、
小学校の頃、さらに輪をかけて珍しい名前の女の子がいたんですね。

今日バイト帰りに地元のスーパーで買い物し、
レジに並んで何気なくレジ係の店員さんの名札見たら
まさにその子の名前があったんです!

苗字だけでもかなりの珍名さんな上に、
下の名前もイニシャルが合ってて、
100パー彼女なんです。

実は彼女、小学生当時は器量が良くない上に天然パーマ。
かなり異彩を放っていたんです
残酷な子供のこと、その子が来ると
「逃げろ~!」
なんつってまあ、いじめてた訳です

声、かけらんねー。。。

ぶっちゃけその子、髪のインパクトが強くて
顔思い出せない。
しかも今はもう天パじゃなくなったか、
ストレートパーマあてるかして普通の髪だったんですね

だから顔見ても「あー!」ってなんない
名前で絶対彼女ってことはわかるんだけど。

僕の知らないところで知らない時間を生きてきた彼女。
考えりゃほとんどの人がそうなんだけど
ちいさな接点がある分、なんか不思議な気分でした。

「1956円です」
「カードで」
「一回でよろしいですか?」
「はい」

それが彼女と交わした会話の全てです。

あのときはごめん、とか言えばよかったかなあ

「いじめっこの憂鬱」への2件の返信

  1. 柳生がそのとき勇気をだして
    「○○だよね?元気そうだね!」
    と声をかけて
    「久しぶり!」と彼女が返せば
    昔のことは彼女の中で
    彼女のその後の経験の中で
    きちんと正しく整理されたと確信できるね。
    でも睨み返されたら・・・

    やっぱりいじめはかなりの罪です。
    その人ひとりの人生が華やかで楽しいものになるか
    暗くジメジメしたものになるか・・・。
    本人のこころの持ち方次第ではありますが
    少しでもいじめた思い出がある人は
    相手がトラウマから脱却できようができまいが
    深く深く反省しましょう。
    それが彼女へのせめてもの償いになるから。

  2. 正直、相手がどんなキモチなのか、全然わかんない、
    からとりあえず、次は話しかけてみようかと思います
    気まずくなっても、それはそれ!

コメントは受け付けていません。