色即是空

しきそくぜくう、
色すなわちこれ空なり。

色が空っぽなら
画家とかデザイナーとか
インテリアコーディネイターとか、
流行りのアート系職業は全部廃業ですね

でも水墨画は大丈夫かしら
黒って、色に入んのかな‥‥

空色という色もありますが、
これはどうなのか??

なんとも不思議な言葉です

むかし空の光、自然のありのままの姿を
絵にしようとした画家たちは
絵の具をちょっとずつ点を描くようにキャンバスにのせていく、
点描という方法を開発して
のちに印象派なんて呼ばれることになったわけですが

その努力も一笑に賦してしまうようなこの言葉。

いろいろな色にとりまかれて成り立っている、
現在の暮らしを足元から瓦解させてしまうような滅びの呪文。

でも何故か好きです、この言葉。

色が空っぽなものだとしても、
人はいい絵を見ると感動しちゃうんです

それは、人の心が空を見て感動してしまうのと同じ

全ては無から生まれて無に帰るのに
だけど心は無じゃないってことの証明です
コギト・エルゴ・スム。

いやあ、柳生君て詩人ねえ☆

「色即是空」への2件の返信

  1. いろはにほへと ちりぬるを・・

    ですね★詩人やねぇ☆

  2. そうそう、ラピュタで言うと「バルス」ですね

    コナンで言うと「ネクストコナンズヒント」ですね

コメントは受け付けていません。