143円

April 26th, 2006

さっき近所のガソリンスタンドで何の気なしに給油してたんですが、
ふと看板を見上げてびっくり。

レギュラー 132円/L

‥‥!

ハイオク 143円/L

‥‥高っ!! ユーロかよ!!

てか1ユーロ143円てのも高いよなあ、これ!!?

今度フランスにまとまったお金を
送金しなきゃならんのですが
そのときまでにユーロ大暴落しといてほしいです

市役所<フランス大使館

April 22nd, 2006

フランスの学校に戸籍を提出するのに、
まず大使館指定の業者に戸籍をフランス語に翻訳してもらって、
それをさらに大使館にもってって、
査証てのをもらわなきゃいけないんです

それが今日、業者のほうで訳が出来上がるってんで
代官山までとりに行き、
その足で広尾にある大使館に行ったんですよ
だいたい代官山で訳を受け取ったのが2時くらい。

ひさびさに代官山ぶらぶらしたかったんだけれど、
手続きにいろいろ時間がかかるかも、とか思って
寄り道せずに大使館に行ったわけです


さて、大使館に着き、
とりあえず門番の詰め所みたいなところに立つと、
「ご用件は?」って女の人の声が。

あれ、門番明らかに男性ですけど‥?

どうやら詰め所の前につけられてるスピーカーから声がするんです
なんで、とりあえずそのスピーカーに向かって
翻訳の査証を受けに来た旨伝えると、

「翻訳査証は、9時から11時までとなっております」

「‥‥(いやいやいや)‥‥、朝のですか?」

「はい、朝の」

「‥‥(いやいやいやいやいやいや)‥‥、出直せ、ってことですか?」

「はい、9時から11時までですので」

9時から11時って!!
市役所が5時に閉まるのでさえ我慢ならねえですが、
9時から11時って!!!
そんなきちきちの時間でやってんなら、
ホームページに書いとけよ!!!!

ショックでかすぎてそのまま引き下がってしまったけど
そのおばちゃんに、ゴネてでも、戸籍と翻訳渡しとけばよかった。
だってただでさえ査証もらえるの、
渡してから4日後なんですよ?!

別に担当者に僕が直接渡す必要ねえじゃねえか、と
家に帰ってから気付きました

お役所仕事、とはこのことですね


スピーカーごしってのも気に食わないし、
駅から遠いし。
しかもたった1ページの、しかも箇条書きの書類に目を通すのに
4日も必要っておかしくね?
お前らフランス語習いたてか?! いちいち辞書引くのか?!!
てかまず、指定の業者にやらせてその上査証、ってのもおかしくね?

渡しに行くのともらいに行くので、
あと都合2回もあんな施設の関係者と口きかなければならないのが
不快でたまらんとです
せっかくニートになったのに、朝のラッシュに
もまれなきゃいけないのが、考えるだけで憂鬱です


はあ、、

そんな憤ってても、駅前のパティスリーで
シュークリーム食ったらけっこうどうでもよくなってきました

スウィーツの力って、すげえ。。



けどこの記事書いてる間にまたむかついてきたけどねッ☆
うごーー!!!!(怒)

卒業証書と卒業証明書

April 4th, 2006

あぶなかった‥!!

実は秋から、フランスの学校に通おうと思ってるんですが、
それで用意しなきゃいけない書類の中に
「卒業証明書」ってのがありまして

てっきり「卒業証書」のことだとばかり思ってたんですけど、
どうやらその2つはべつものなんですね(驚!!)
って就活経験者の方には常識なんでしょうが。。

フランスの学校に提出する書類なんで、
 ① まず翻訳業者に頼んで訳してもらってから
 ② それを大使館に持ってって、和文と仏文の内容が一致してます、てゆう
   ハンコを押してもらわなきゃいけない
 ③ 最後にそれらをまとめて、フランスに郵送する
という手順を踏むわけなんですが、

気付いたのが①のさらに手前でよかった。。
まあ翻訳に出した段階で業者の人が指摘してくれるっぽいけど、
そうとしても赤っ恥には変わりない!


さて、問題の「卒業証書」ですが
これは「卒業証明書」をおしゃれに端折った言い方だと思ってたんすよ
でも本物の「卒業証明書」は成績とか載ったやつなんだって!
‥‥ややこしい。。

かといって「卒業証書」の正式名称は
「学位記」らしいです
‥‥はあ、ややこしい。。。。