KOキティーと枕草子

97cf2612.jpg慶應大学の図書館行ってきました
例のごとく食堂しばいてこようと思ってたのですが、
時間がなく断念。。

写真は大学オリジナルのキティーちゃん
なぜかラガーマン。
慶應なのに肉体派です
慶應レポートは以上。

ところで、卒論で調べてたんすけど
ウェブページ全部を保存しとくという計画が
世界的に進んでいるそうな。
2003年のユネスコ会議で
そうゆう宣言が採択されたそうです

内容を簡単に言うと

「ウェブページも貴重な文化遺産だから
本や美術品と同じように
しっかり後世に残そうよ」

て感じみたいです

保存する方法とか、
著作権とか
表現の自由とか

問題山積でいつ実現するかわからない計画だけど、
保存するとしたらこんなブログでも保存されるんでしょうか

考えたら
清少納言の『枕草子』やら
吉田兼好の『従然草』やら
誰か忘れたけど『更級日記』やらも

もともと私的(?)な日記だったんだもんねえ

いつかこんなブログを読んで、
21世紀初頭の人々の生活をうかがい知る人が現れるのか

「貴重な文化遺産」
なんて言われると
ちょっと気合い入ります

「KOキティーと枕草子」への2件の返信

  1. 「言われてみれば確かに貴重な文化遺産」だね!!

    >いつかこんなブログを読んで、
    21世紀初頭の人々の生活をうかがい知る人が現れるのか

    そんな時代がきっとくるんだと思うと
    なんか不思議な気持ち。
    そのころ地球はどんな進化を遂げてるのかなー。
    なんか大きなテーマすぎて思いつかないけど・・。
    それまでに一度くらい進化どころか滅亡してそうなところが怖いねー。

  2. そうそう。
    アインシュタインさんも、

    「第3次世界大戦がどのようなものになるかは
    わからないが、第4次世界大戦ならわかる。
    木の棒と石とで争われるだろう」

    とおっしゃっていたようで。

    もしかしたら人類が滅びたあと、
    宇宙人かなんかが発見するかもしんないしね
    CD-ROM見て、

    「当時の地球人はこのような円盤を
    鏡として使っていた」

    ‥‥残念!!

コメントは受け付けていません。