Fete du Cinema

June 27th, 2007

42c4c358.JPG
パリのパンテオンと呼ばれるこの建物の近く=ラタン地区には、
単館系の映画館がたくさんあるんです。
しかも今、映画祭りで2ユーロ(300円)で見れる!

なので3本ほど見てきました。
『砂の女』
―その日は一回限りの上演だったのでイキオイで入ったら
 古い日本映画でした。
 若い頃の岸田今日子、まじ可愛い!!

『13㎡』
―密室劇で、ほとんど会話だけで構成された映画。
 フランス語ききとれなくて、わかんない。

『ラストタンゴ・イン・パリ』
―無駄にえろい。
 登場人物がみんなエキセントリックな行動に出るので
 感情移入できません。

んー、イマイチ。
そもそもフランス語ついていくのがいっぱいいっぱいてのがネックです

とりあえず映画ききとれるように!
っていう留学当初の目標は果たされませんでした。。
帰っても勉強しよ!!
 
 

Pantheon to yobareru kono tatemono no chikaku niwa eiga-kan ga takusan arundesu.
Sikamo ima eiga matsuri de, 300yen de mirete simauno desu.

Nanode 3bon mitekimasita.
Suna no onna,
13m2,
The last tango in Paris.

mmm.. Imaichi.
Somo2 france-go tsuitekuno ippai2 ttenoga neck desu.

Toriaezu eiga kikitoreru youni!
Tte ryuugaku tousho no mokuhyou wa hatasare masen desita..
Kaettemo benkyou siyo!

Toriaezu wakaikoro no kisida kyouko maji kawa-e katta!!

『イル・マーレ』

April 26th, 2007

キアヌとサンドラ・ブロック、
『スピード』のコンビのタイムスリップ・ラブストーリーです。
いわゆる時間差恋話ってやつ。

感想。
つじつま合ってなくね?

もうちょっときちんとプロット練ってほしかった。
多少のアラは時間差ものにはつきものですが、
あからさまに展開がおかしいので
うわーって引いてしまいました。

日本にいる間に『サマー・タイムマシーン・ブルース』観たけど
そっちのが好き。
迷うけど、
もしそれぞれのヒロイン2人が結婚してって言ってきたら
上野樹里かな。

いや、逆に大竹しのぶかな。



ちなみにこの映画、原題は
『The Lake House(湖の家)』
邦題?の『イル・マーレ』は
イタリア語で海という意味だそうです。
なぜ変える!?

ちなみにフランス語版のタイトルは
『Entre Deux Rives(2つの岸の間で)』
なぜ変える!???

えらいの見ちゃった

April 19th, 2007

『ほんとにあった!呪いのビデオ 16』

5本で1000円ってゆうレンタル屋の、数あわせで借りたビデオ。
素人投稿(←たまにうそくさい)の心霊映像を集めたもので、今までシリーズで20巻以上でてるみたいです。
そんな中、よりによってなんでこの巻を借りてしまったのか‥‥


まじやべー


途中あからさまに中だるみするんですが、最後の映像のインパクトは本当強烈ですよ
心霊を100%信用しない人にも与える衝撃。

もしゾワーッとしたい気分になったら、必ずこの16巻を借りてください