亀山千広マジック

July 8th, 2006

ブレイブ ストーリー (UMD Video)

ブレイブ ストーリー (UMD Video)

「カンヌでも好評!」
ってゆう雰囲気で、朝からいろんなとこで宣伝してたんで、まんまと行っちまいましたよ、ブレイブストーリー。

‥‥亀山(プロデューサー)のヤロウ!!

情報操作は怖いですね
北朝鮮のことあれこれ言えた義理じゃないっす

それはそれとして。
実はチケットは、ネットで手配したんですが、急いでやったんで最初間違えて明日の日付で買ってしまったんです

キャンセルできません、とでかでか書いてあったんで
友達にゆずろうかと思ったんですが、ド昼。しかも一人席。
軽くあきらめつつ今日のぶんを買い直して、そのまま映画館へ行ったんです

で帰りにダメモトで係の人に言ったら、なんとキャンセルしてくれました!
クレジット決済なんで返金はできないということなんですが、替わりに招待券をくれましたよ。

それも、2枚!!

話しかけた人がたまたま、マネージャー格の人だったみたいです
話が早い!
いいわあ、権力‥‥(ヨダレ)

『亀は意外と速く泳ぐ』

March 3rd, 2006

亀は意外と速く泳ぐ デラックス版 [DVD]

亀は意外と速く泳ぐ デラックス版 [DVD]

平凡な主婦が、スパイになるお話。
かといって派手なハリウッドアクションがあるわけではありません

スパイの仕事は、庶民の生活に溶けこみ、潜伏すること
つまり、完全なる「平凡な生活」を送ること
だから普段の生活と変わらないのです

その映画、面白いの?

‥それが実は、かなり面白いんです!

なんというか、かゆくないところに手が届いてる感じ。

映画ぜんたいが
決して爆笑にはならない、一見無駄で小さな笑いに彩られ、
でもそれがこの『カメハヤ』のテーマに関わるものだと気づいたときの
爽やかな衝撃はこの映画ならではでしょう

なんとなく、今テレ朝でやってる
『時効警察』に似てるなあ、と思ってたら
まさにその監督、三木聡の撮ったドラマでした
こちらもおすすめ。

なぜかというと麻生久美子が んまじ可愛いので。

『日常』

February 25th, 2006

アマゾンのサーバでエラーが起こっているかもしれません。一度ページを再読み込みしてみてください。

ってゆうタイトルの映画です
ちょっと時間が空いてしまったので
渋谷のシアターN(旧ユーロスペース)で観てきました

たまにはしっとりしたドキュメンタリー映画も観たいな、と思い
劇場に入ってみると、、

なんだか空気が違う。

なんせほぼ満席。
しかも客が、僕以外全員女子なのです。。

ミスった! アイドル系か!!

‥‥と思いきや、
出てきたのは次長課長、友近、しずちゃんなど
吉本興業若手の面々。

昨今のお笑いブームを支えているのは
こういった女性ファンなのですね。


映画の内容は、コントです

二人寄れば漫才が始まる、という
大阪の「日常」を撮った映画でした。

面白かったけど、映画でやる必要なくね?
と思いました
ルミネtheよしもとでよくね?