転機の儀式

こんばんは、タンニンです

昨日からずっと部屋の模様替えをしております
僕にはどうやら、人生の転機に必ず模様替えをするクセがあるようです
ライフスタイルを変えるための儀式、みたいな。

そういえば受験のときは毎回模様替えしてました
模様替えついでに工作も。
中学のときはベッド、大学のときは棚を
それも、受験の天王山とか言われる夏休みを使って。

じゃないと、集中できないんです

もちろん、その前から「高3の夏休みは棚を作ろう」
なんて思ってたわけじゃありません。
だったらわざわざ受験を控えた時期にやる必要はないわけで

突然(この部屋じゃだめだ)と思うようになり、
そうなるともう我慢できなくなってしまう。
今の部屋が、無計画で実用性の乏しいものに見えてきちゃう‥

勉強が遅れていたって何だって、模様替えをしないといられない。
それがおわって、つくりあげた部屋に満足したらやっと
(もう言い訳はできないぞ)って気になって
もんすごい集中できる

ストレス発散、が半分。
でも利便性の向上も半分

家具の位置や向きひとつで
勉強の効率が上がったり、逆に下がったり
また気分が変わったりするのは事実ですよね

部屋の一番目立つとこにテレビがあったら、テレビ見ちゃうし

ちり紙がベッドの脇だったら、鼻かむたびにごろん、てしちゃうし

色彩心理学的には青に囲まれてると集中しやすいらしいです

もっと些細な、
たとえば辞書を机の右におくか、左におくかでもかなり違います
柳生理論によれば、辞書は左に、参考書は右においたほうが
勉強する気になります

そうゆうのの最たるもんが風水だと思います
長い歴史の中で洗練された、世界一の統計学ですわ
ドクターコパ大好き。
あのうさんくささが大好き。

さて、今回の模様替えテーマはエロかっこいい、です

うそです。

とりあえず、絵が描ける環境を、って感じです

「転機の儀式」への2件の返信

  1. 模様替え大好きぃ~!!
    私も昔から3ヵ月に一遍くらいやってた。
    6帖の部屋を姉と二人で使っていたので
    ベットで仕切ったり、カーテンで仕切ったり・・・
    とにかく二人して自分のスペース確保に必死!
    そして狭い自分のスペース内で机の向きを変えたり、枕の方向を変えたり・・・
    結婚してからもタンスはあっちだ
    テーブルはこの向き  などなど
    実用性が一番になるけど考えるだけで
    ワクワクして眠れなくなって図面書き出す!
    風水ももちろん取り入れつつね!!
    あ~楽しっ!!!
    また変えたくなっちった(^o^)

  2. 変えちゃえ変えちゃえ~
    いっちょめいっちょめ~~♪

    図面やっぱ書くよね?!
    でも実際その場所に置いてみると見た目が悪かったり、
    微妙に幅がでかくて入んなかったり。
    むふーー!

    あと意外なスペースとか
    意外な金具みたいなんを活用する喜びね!
    そして物であふれてた部屋がやけにこざっぱりして、
    未来を見越して遊びのスペースとか作っちゃったときの余裕ね
    むふふふーー!!

コメントは受け付けていません。