スランプ脱出

僕はいま、
卒論の締め切りに追われる大学4年生なのですが
(↑今さら自己紹介)
時間の割に執筆が全く進んでませんでした

気分転換にと思って
ずっと楽しみにしてた北斎展に行っても
開催期間終わってたりして
運もねぇや、とへこんでいました

が!!

つい先ほどスランプから抜けました!

おめでとうございます
ありがとうございます

「難問は分割しよう」
by デカルト

中学生のときから僕を救ってくれたこの言葉が、
ひさしぶりに顔を出してくれました

この言葉は一見当たり前ですが、
僕にとってはとても力強い言葉です

どんな難問でも
解いてやろう、という
つおいMを
デカルトオブジョイトイから感じるのです

これまで
「卒論まだこんなあるぜ、しょぼぼーん」
てなってたんですが、

「今日はⅢ章だけ仕上げりゃいーや」
と思った途端に

これならイけるぜ、げばばばば!
と、いつもの強気が戻ってきました

ひとつの言葉にすくわれたり、
見方を変えるだけで元気になれることって
ノンフィクションだったんですねえ

喉乾いてきたけどコンビニまで行くの寒ぃな
って思案してたら
引き出しの中に うーろんちゃ入れてたの
思い出したりして

運も向いてきたな、ガッツ!!
て感じです

「体のバランス
指先のボールのかかり具合い
手首の返し‥‥

ピシャリだ
落とす気がしねえ」
by 三井寿(スラムダンクより)

「スランプ脱出」への2件の返信

  1. がんばれよ~~
    私も数年前、読めないスペイン語の本まで読んで
    マヤ文明を卒論の題材に励んでいたよ。

    個性全開に、好きな展開で、仕上がりゃ爽快!!!

  2. マヤ文明‥?!
    個性的だなあ
    ミステリーハンターだなあ

    職業、ミステリーハントっていかが?

    おいらも早く仕上げて
    爽快 味わいたいぜぃ!

コメントは受け付けていません。