パスネットのそこぢから

寒くなってきたので、
通学に使う電車をJRから東京メトロに変えました。

東京メトロで使える「パスネット」は
JRの「SUICA」の陰で、あまり脚光を浴びることがないのですが
今日は彼のそこぢからを垣間見てしまいました

あなたは知っていますか?
パスネットが2枚重ねて、同時に投入できるのを。。

たとえば残額200円しかないパスネットで電車に乗ったとして、
運賃が230円のところまで行く場合。

ふつうは精算機でちまちま精算しなきゃなりませんが
もし2枚目のパスネットを持っているならば
その2枚を同時に入れることで自動的に精算してくれるのです

しかし! この2枚同時入れはそれだけじゃありません

あなたは知っていますか?
定期とパスネットを同時に入れられることを‥!!

たとえばA駅B駅C駅という順番に駅が並んでいるとして
A駅からB駅の定期があるが、今日はC駅まで行きたい、って時。

A駅で定期を使って電車に乗り、
C駅で降りるとき、
その定期と残高の十分あるパスネットを同時に改札に入れると
パスネットの残高から精算してくれるのです!

逆も可能。

C駅からパスネットで電車に乗り、
A駅で降りるときにパスネットと定期を同時入れすれば
パスネットからはC駅~B駅までの運賃だけ引かれる。

パスネット超便利。
みんな知ってた?

関係ないけど関西ではSUICAは
ICOCAというネーミングです(へぇ~)

「パスネットのそこぢから」への2件の返信

  1. すげぇぇべ??

    今日新たに、乗り換えにもこのテクが使えることが判明しました
    パスネットいろんな線で使えるし~

    バレンタインのプレゼントはこれで決まりっしょ!

コメントは受け付けていません。