クロージャを切ない恋物語で理解する

December 17th, 2012

クロージャがいまいちわからない。
言葉の意味は「閉包」。
って何?!

イメージ的には、変数の変化を受けない閉ざされたもの、とゆう感じでしょうか。

たとえば魔法瓶の中のお茶。
たとえば東京に来ても東京弁に染まらない大阪人。
たとえば伝統の味を守り続ける老舗の和菓子屋。

うん、こっちのほうがわかりやすい。

というわけで、クロージャのサンプルをストーリー仕立てでお送りします。

<h1>クロージャ留学物語</h1>

<h2>高校卒業式にて</h2>
<p>カズマ「<span id="kazumaGag1"></span>」</p>
<p>カズコ「<span id="kazukoGag1"></span>」</p>

<h2>それから2年後</h2>
<p>カズマ「<span id="kazumaGag2"></span>」</p>
<p>カズコ「<span id="kazukoGag2"></span>」</p>

出力用のHTMLは上記のとおり。
※クロージャのサンプルです

// ==========================================================
// 出会った頃
// ==========================================================
// 高校に入ってすぐ、カズマとカズコは仲良くなった。
// あの頃の二人に、違いなんてなかった。
var kazuma, kazuko;

// 流行りのギャグなんて言いながら、笑い合ってたんだ。
var omoroo = "3.14159‥おっぱい!"; // おっぱい先生

スクリプトの下準備はこんな感じ。
とりあえず変数宣言をします。
※クロージャのサンプルです
[続きを読む]