Google+ APIで取得したJSONデータをフィード形式に加工する

January 16th, 2012

Transparent chemistry glass tubes filled with substances © by Horia Varlan

Google+の自分の投稿内容(JSON)をPHPで取得して別のサーバーに保存するで取得したデータを、フィード形式に加工して表示します。

APIから出力されるデータ項目はGoogle+の開発者用ドキュメントに解説がありますが、実際のデータをprint_r()関数で表示して内容を見たほうがわかりやすいかもしれません。

[続きを読む]

Google+の自分の投稿内容(JSON)をPHPで取得して別のサーバーに保存する

January 15th, 2012

ブログを更新したのをTwitterやFacebookで宣伝するには、dlvr.itなど、RSSやATOMフィードをTwitterやFacebookに反映させるサービスが便利です。
Google+の投稿もTwitterで宣伝できたらいいなあと思ったのですが、feedの取得にはひと工夫必要でしたのでそれをメモ。

feed取得時にいちいちAPIたたくのも時間がかかるので、APIから取得した情報を一旦自分のサーバーに保存する方法をとります。
とりあえず、Google+の投稿をJSON形式で取得→PHPを使って自分のサーバーに保存、というとこまで。

※用意するもの:PHP5が使えるサーバー
[続きを読む]

WPのPermalinkからCategory baseを削除する

August 10th, 2008

Permalink機能でURLを好きな感じにいじれる
便利なWordPressですが、
カテゴリアーカイブのときのURLに

http://hennayagyu.com/topics/diary/
ってこの”topics/”が入ると邪魔くさいですよね。
Permalinkの設定のとこで
空欄にしても、デフォルトの”category/”がついて
http://hennayagyu.com/category/diary/
ってなっちゃいます。
phpを修正して、とっちゃいましょう!


(1)wp-includes/category-template.php の
25行目らへん(Ver.2.6 では。)に
get_category_linkというfunctionがあります。

このfunctionのelse内最下部、
$catlink = str_replace('%category%', $category_nicename, $catlink);
の直後に以下の2行を加えてください。

$cat_base = $wp_rewrite->category_base;
$catlink = str_replace($cat_base. '/', '', $catlink);


1行目でCategory baseに設定された文字列を取得し、
2行目でそれを置換により、Permalinkから削除しています。


(2)もうひと作業。
Permalink設定のところで、
Category baseになんでもいいんで文字列を入れておいてください。
他のカテゴリーとかぶらないように、
意味を持たない、十分に長い文字列をいれとくとよいでしょう。


(3)さらに、久しぶりの友だちに連絡して
思い出話を肴に飲んでみるのもよいでしょう。


はい、これでurlからCategory baseがなくなりました。
‥‥なくなりました、よね??