Google+の自分の投稿内容(JSON)をPHPで取得して別のサーバーに保存する

January 15th, 2012

ブログを更新したのをTwitterやFacebookで宣伝するには、dlvr.itなど、RSSやATOMフィードをTwitterやFacebookに反映させるサービスが便利です。
Google+の投稿もTwitterで宣伝できたらいいなあと思ったのですが、feedの取得にはひと工夫必要でしたのでそれをメモ。

feed取得時にいちいちAPIたたくのも時間がかかるので、APIから取得した情報を一旦自分のサーバーに保存する方法をとります。
とりあえず、Google+の投稿をJSON形式で取得→PHPを使って自分のサーバーに保存、というとこまで。

※用意するもの:PHP5が使えるサーバー
[続きを読む]

Sassが便利すぎておしっこちびりそうになる

August 11th, 2011

<Sassに対する印象の変遷>
2011年1月 某Web系の勉強会Ustream中継で初めて耳にする。
 (すごいのはわかるけど、なんかとっつきにくいな、、、)
2011年7月 仕事で大規模サイトの設計に関わることに。
2011年8月 CSSのコーディングルール決めで悩んでいるとき、Sassに再会。
 (CSSの書き方そろえられるのか。ちょっとかじってみようか)
同日 Sassが便利すぎておしっこちびりそうになる
 (もうSassなしでコーディングなんて無理)←いまここ


Sassは、ホームページを作るときの部品のひとつであるCSSを
作るときの作り方の一つで、CVG(超ベリーグッド)です。
でかいサイトの共通CSSとか作る時なんかは、特に。

たとえるなら、
柱立てたら、もう家できてた、みたいな。
ガンプラ作ったら、実寸のガンダムもできてた、みたいな。
ストーリー作ったら、ネーム起こしからペン入れまでサイコーがやってくれてた、みたいな。

CSSを組んだことがある人なら、こちらのSassのすごさがわかるPDF
一読していただくだけで、ちょっとおしっこ出ちゃうのではないかと思われます。

Sassの技とかはまた追い追い書きますね。
今日は、Sassすげえよ!読み方って「サッス」で合ってんの?!というところまで。

Facebook の Open Graph キャッシュをこっちからクリアしてやる

June 27th, 2011

FacebookのOpen Graphは、Facebook側にキャッシュが残っているらしく、元のページのほうで設定を変更してもしばらくはその設定が反映されません。
例えばog:imageを変更していいね!させたときなんかはお客さんにつっこまれがちです。
そのキャッシュをクリアする裏技。

Facebookの公式Linterで設定を変更したページをLintする。
これだけ。


0. 似たようなコンテンツで下記の実験を行いました。
 ページA → 先に設定(og:image)を変更して公開する
 ページB → その後で設定を変更して公開する

1. この直後に「いいね!」すると、、、
 ページA → ウォールに表示される画像が、変更前のまま
 ページB → ウォールに表示される画像が、変更前のまま

2. ページBのみLintしてから「いいね!」すると、、、
 ページA → ウォールに表示される画像が、変更前のまま
 ページB → やった!変更されてる!!


ちなみに、キャッシュがどのタイミングでクリアされるかは不明なのですが、
一旦キャッシュがクリアされると、
それ以前にどこかのウォールに書き込まれた「いいね!」の画像も変更されますよ。

(2011.6.27現在)