Google Translate APIで遊ぼうのコーナー

August 18th, 2008

Googleって、外国語のページをざっくり翻訳してくれる機能があって、
そのざっくり感がいと面白き感じなんですが、
この翻訳機能を使ってより遊べるワザをあみだしました。


ルール:
1.日本語を他の言語に翻訳する。
2.それをもっかい、日本語に戻す。

これだけで、けっこう楽しめんぜ!


例文1:
「安西先生、バスケがしたいです。」
     ↓
「西康卿は、バスケットボールのようです。」

‥‥誰?!


例文2:
「長い間くそお世話になりました!」
     ↓
「非常に長いshitをして助けて!」

‥‥名言台無し。


あまりに楽しいもんで、
遊べる装置作っちゃったぜ!
youやってみちゃえばいいじゃん。

Step1: ここに好きな文章を入力しちゃいなよ

 

Step2: 上のボタンを押して別の言語に翻訳しちゃいなよ

Step3: さらに日本語に翻訳しちゃいなよ

なかなかやるぜ、google!

WPのPermalinkからCategory baseを削除する

August 10th, 2008

Permalink機能でURLを好きな感じにいじれる
便利なWordPressですが、
カテゴリアーカイブのときのURLに

http://hennayagyu.com/topics/diary/
ってこの”topics/”が入ると邪魔くさいですよね。
Permalinkの設定のとこで
空欄にしても、デフォルトの”category/”がついて
http://hennayagyu.com/category/diary/
ってなっちゃいます。
phpを修正して、とっちゃいましょう!


(1)wp-includes/category-template.php の
25行目らへん(Ver.2.6 では。)に
get_category_linkというfunctionがあります。

このfunctionのelse内最下部、
$catlink = str_replace('%category%', $category_nicename, $catlink);
の直後に以下の2行を加えてください。

$cat_base = $wp_rewrite->category_base;
$catlink = str_replace($cat_base. '/', '', $catlink);


1行目でCategory baseに設定された文字列を取得し、
2行目でそれを置換により、Permalinkから削除しています。


(2)もうひと作業。
Permalink設定のところで、
Category baseになんでもいいんで文字列を入れておいてください。
他のカテゴリーとかぶらないように、
意味を持たない、十分に長い文字列をいれとくとよいでしょう。


(3)さらに、久しぶりの友だちに連絡して
思い出話を肴に飲んでみるのもよいでしょう。


はい、これでurlからCategory baseがなくなりました。
‥‥なくなりました、よね??